wccfのプレイまでの流れ3

今では割と普通にあるタイプのゲームですが、昔はカードゲームといえば家で地味にやっている物でした。しかし、その大半は1試合300円、2試合500円、5試合1,000円という制度のようです。多く試合をすればするほど割安というシステムですね。wccfは、試合に使う選手のカードと、その配置を決めてフォーメーションを決定する事で、試合を始められます。

実際に試合が始まると、試合展開に合わせ、選手カードを移動させます。プレイ料金は、お店によって若干違いがあります。それによって試合は進行します。ここでポイントとなるのは、プレイする度にランダムで新しい選手カードが一枚入手できるという点です。

5試合1,000円でプレイすれば、5枚のカードが手に入ります。現在では、ほとんどの処理をコンピューターがしてくれるだけでなく、ビジュアル面でもゲームショップで販売しているテレビゲームと同じような感覚で楽しめるので、非常に面白くなっています。wccfに関しては、かなりの戦術的操作を要求されるので、非常に緊張感を伴うゲームとなっています。この面が大きな特徴と言えるでしょう。

一枚200円で販売しているカードを買ったと思えば、プレイ料金はただという感じですね。つまり、プレイするたびに手元のカードが一枚増えていきます。このwccfが従来のカードゲームと異なる点は、まず第一にアーケードゲームとしてカードゲームを楽しめる点ですね。販売しているカードを買わずに増えていくので、最初に1セット買っておけば、後はどんどん増えていくだけです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。