wccfカードのステータス2

基本的にはFWや攻撃的MFの選手が高い数字を付けられます。これは守備力を表す能力です。販売されているwccfのスターターパックの中に、これらのスター選手はほぼ含まれていません。特に攻撃的な選手は非常に人気が高いのです。 守備は近代サッカーにおいて非常に重視される能力です。上記にあげたようなポジションの選手は大抵低く、GKやDFが高い数値を誇っています。まず、OFFENCE(オフェンス値)です。一部のスター選手を除けば、FWのような最前線にいる選手もディフェンスを要求されます。 wccfのカードに付けられているステータスは、何種類もあります。この数字が高いほど、その選手は攻撃面において優れた力を発揮するという事です。そして、次にDEFFENCE(ディフェンス値)です。代表格としては、クリスティアーノ・ロナウド、アンリ、ファンニステルローイ、トレゼゲ、ロナウジーニョ、デル・ピエロ、ルカ・トニ、クローゼ、メッシ、デコ、カカ、ランパードといったところです。 wccfにおいてはそこまで考える必要はないでしょう。できればこういったスター選手が含まれている黒カードや綺羅カードもオフィシャルに販売して欲しいところですが、そこで販売してしまうと、強いカードにばかり需要が集まってしまうという事情もあるので、致し方ないかもしれません。これは、その選手がどれだけ攻撃に向いていて、攻撃が上手いかという能力を示しています。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。