wccfカードのステータス3

テクニックは、その選手のボールを扱う技術です。現役選手では、ユベントスの象徴デル・ピエロ、現在は不調ながら一時は世界最高の選手といわれたロナウジーニョ、フランスの若き至宝リベリーなどが代表格といえます。世界に目を向けると、引退したジダンやロベルト・バッジョ、ベルカンプらがこの最たる例でしょう。サッカー選手がサッカー選手であることの証明とも言える能力です。 TECHNIQUE(テクニック値)に関しても、それは当然当てはまります。日本のサッカーにおいても、技術を重視する傾向が強いですね。ただ、販売しているスターターパックの中にある白カードに中にも、テクニックが極端に優れた選手もいます。シュート技術に関してもこの能力がものを言うので、前線の選手にとっては生命線とも言える能力の一つでしょう。 引退した中田英寿さんを筆頭に、中村俊輔選手、小野伸二選手など、有名な選手は総じて技術が高いです。wccfにおいても、こういったテクの高い選手は圧倒的な人気を誇ります。wccfの試合で要となる選手であり、単純に選手として好きという人も多いからです。ですから、通常は販売していない黒カード、綺羅カード、特にLEカードに人気が集中するのでしょう。 販売しているカードの中にも優れた選手はたくさんいるのです。つまり、トラップやドリブル、キックの制度に直結する能力という事です。レジェスなどはその代表でしょう。wccfのカードに記載されているステータスは、どれも重要なものばかりです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。