wccfのDF

CBは、GKの前、つまりゴール前で守るDFの事です。ただ、サッカーにおいてDFの担う役割は絶大です。サッカーにおいて、最も地味だといわれているポジションが、DF(ディフェンダー)です。それに対し、SBはゴール近くのサイドポジションでゴールを守るDFの事です。 wccfで販売されている白カードの多くはDFの選手なのですが、この辺りは少々外れ的なとられ方をされやすいようです。wccfにおいても、この傾向は顕著で、販売されているスターターパックからDFの選手が出てくると、皆微妙な顔をします。やはり、守備よりも攻撃の方がスターが生まれやすく、見る方も目を向けがちです。DFは、主にCB(センターバック)とSB(サイドバック)という分け方がされます。 DFは、守備専門、もしくは守備に重点を置いたポジションです。実際、攻撃的な選手に比べ、守備的なポジションを任されるディフェンダーたちの給料や移籍金は、一部の世界的なプレイヤーを除けば、総じて攻撃的なポジションの選手には劣ります。特にトーナメント戦においては、年々守備的な戦いをするクラブチームが増えており、そんなチームを支えるのが、彼らDFなのです。 中古販売店にも、DFの選手のカードは少ないように思えます。それはwccfの試合でも同じで、守備をしっかりしているチーム、DFにいい選手がいるチームは強いです。CBは基本的に守り重視、SBは攻守両方をこなすという働きが与えられます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。