wccfのCB

CBにはスター選手が極端に少ないからです。まず、その中のCBについてご説明しましょう。有名どころは、イタリアのファビオ・カンナバーロとネスタ、イングランドのリオ・ファーディナンドとテリー、スペインのプジョルといったところでしょうか。ハイボールを入れられたときには誰よりも早くボールに触るために、体をフルに使ってジャンプし、頭でボールを外側にはじき出します。 攻撃側は、相手DFのいないところを狙ってパスを出します。そのパスを出させないため、シュートが打ちやすい場所に敵より先に入る事で、攻撃の芽を摘むことができます。こういった仕事をするので、CBはDEFFENCEやPOWERが重視されます。CBは、基本的には自陣のゴールまで攻めてきた相手からゴールを守るのが仕事です。 wccfのカードの中で、人気のあるCBというとかなり限定されてくるでしょう。wccfにおけるDFの役割は、非常に重要です。彼らは数少ないwccfにおける人気DFで、中古販売店でも高い金額で取引されます。 中古販売店で販売しているDFの数はあまり多くないので、良い選手を探すなら、引き当てるのが一番効率がいいかもしれません。また、やむを得ず良いポジションに入られた際にも、シュートを打たせないよう体を寄せ、打たれてもブロックできるようシュートコースを消すなどの対処を行います。その為に最優先されるのは、ボールを奪う事ではなく、相手にゴール前に入らせない、入られてもぴったりくっついている事です。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。