wccfのSB

SBは非常に地味なポジションで、実際のプロサッカーにおいても、wccfにおいても、ほとんどスター選手はいません。買取・中古販売店で販売しているカードでレア価格がついているのは、ロベカルことロベルト・カルロスら数人といったところです。また同時に、局面次第ではドリブル突破も試みる場合もあり、正確なクロスが要求されるので、TECHNIQUEとSPEEDもある程度必要です。すぐボールを奪われてしまうと、自分が守るべき場所に人がいないという事態になってしまいますので、上がるタイミングはとても重要です。 彼らの存在なくして、常勝軍団は作れません。彼らの仕事は体を張るより、とにかく動く事です。一方、SBは当然DEFFENCEが重視されますが、CBほどではありません。その為、SBは攻撃に転じた際はすぐに敵陣めがけて走る事になります。 攻めなきゃいけないし、守らなきゃいけないので、このポジションはSTAMINAが非常に重視されます。ただ、それは展開や相手にもよります。相手のスピード豊かなサイド攻撃から自チームのゴールを守るためには彼らの働きが必須ですし、逆にサイド攻撃を仕掛ける際には彼らのフォローが必要です。ある程度うまい選手ですら、スターターパックとして販売されている白カードの中に含まれています。 サイド攻撃はwccfにおける非常に重要な攻撃手段で、wccfの多くのゴールはサイドからの崩しで生まれます。しかし、wccfにおけるSBの役割は決して軽視できません。サッカーはワイドな攻めを要求されますので、サイドに選手がいないと真ん中ばかりに選手が集まってしまい、うまくいきません。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。