wccfのOH

レジェンドで言えば、ジダンを真っ先に思いつく人も多いでしょう。昔は主流だったダイヤモンド型の中盤構成が絶滅したのがその原因です。特にTECHNIQUEは重要で、これが低いとちょっと務まらないポジションです。理由は、このOHというポジションを有したフォーメーションを使用するチームが少ないからです。wccfにおいては、このポジションの選手を好むプレイヤーが多く、無理やりSHで起用するというケースも目立ちます。 サイドはプレッシャーが少なく、比較的自由にボールを操れ、ゲームをコントロールしやすいからです。OHのwccfでの主な役割は、キープとパス、そしてシュートです。高めの位置でボールを受け、相手DFのプレスからボールを失わずに保ち、シュートの打てる位置までボールを運んだり、その位置にいる選手にパスを出したり、自らシュートを打ったりするのが基本的な仕事となります。このポジションの選手はwccfではとても人気が高く、中古販売店で販売しているレアカードの数多くを占めています。ただ実際の試合でもそういったパターンは数多く見られます。 実際の選手で有名なのは、バラック、カカ、ジエゴ、デコ、シャビ、イニエスタ、リケルメ辺りでしょうか。ただ、近年このポジションの選手は激減しています。OH(オフェンシブハーフ)というポジションは、基本的にはトップ下という、FWのすぐ後ろのポジションを指します。今では4-3-1-2の1や、クリスマスツリー型と呼ばれる4-3-2-1の2の位置が該当しますが、採用しているチームはそう多くはありません。逆にスターターパックとして販売しているカードの中には少ないですね。 日本で言えば、元代表の中田英寿選手がこのポジションの選手として有名でしたね。よって、OFFENCE、TECHNIQUE、POWERといった能力が重視されます。2列目と呼ばれる位置がこのポジションとなります。また、キャプテン翼の主人公「大空翼」が中学時代にこのポジションにコンバートした事で、日本では最も人気のあるポジションとなったのは有名な話です。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。