wccfの連携1

クラブチームではダメダメなのに、代表では妙に活躍する選手、いますよね。むしろ相性に近いかもしれませんね。中古販売店で販売しているレジェンドカードは、非常に能力が高い一方、連携は低いとされています。高い価格で販売しているから使える、とは限らないんですね。 選手間同士の呼吸であったり、意思統一であったり、意思伝達であったりがうまくいくかどうかによって、この連携というものが生まれてきます。そんなwccfユーザーが最も注目する値がひとつあります。連携というのは、選手個人の能力とは少々毛色が違います。そういった選手に何故そのような現象が起こるのかというと、周りとの連携の差がクラブチームと代表チームでは違うからです。 サッカーファンは、クラブチームにおいて素晴らしい成績を収めた選手が、国の代表チームではまったく機能しない、何てことをよく見かけるのではないでしょうか。それは、連携です。もちろん、その逆もあります。実際のサッカーの試合において、連携ほど重要なものはありません。 wccfはカードゲーム、あるいはサッカーのアーケードゲームの中でも特に人気が高いゲームとして、ゲームファンの中では浸透しています。また、クラブチームを移籍した後にさっぱり活躍できなくなったりするのも、この要素が大きいですね。そういう背景もあり、インターネット上においてwccfに関する情報はかなり多く掲載されており、wccfユーザーはその情報を毎日のように眺めていることでしょう。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。